その場その場で思ったことを綴ったお馬鹿なエッセイ  自分のこと・犬のこと・HP作成関連・それに簡単お料理レシピ・映画・音楽・CD・DVDその他美容や健康に関する事・自作の詩など・・
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学生の頃から私は(当時は塾通いなんて子もいませんでしたし)
比較的成績の良い子で 貼られたレッテル
優等生・模範生・大人しく真面目で 消極的

そんなレッテルがずっと 中学高校と続きました

本当はいやだった・・ そんなレッテル剥がしたかった
だけどできないまま ずっとずっと「いいこ」でした
時にはあがいて いわゆる「不良」と呼ばれる人たちとつきあったり

けど彼らは優しかった 絡まれてたりしたら即助けてもくれた
だけど いつでもそこには1線が引かれていました
彼らにとっても私は 土俵の違う人種だったのです

そういう人たちからも 普通の人たちからも1線引かれた
いつも違う土俵にいる人種 それが私でした

結構モテはしました ラブレターも数々あったり
何人かとはおつきあいもした 3角関係もあった(爆)
女の子からラブレターも貰った_(▼∀▼)ノ彡☆ バンバン!!

でもそれらは私には常に「友情」・・でした
後から思えば  友人と取り合った彼氏も
考えたら友人の枠を出てなくて 2股かけられた女が
2人でバイバイして終わりなんて出来たのも そんな程度だったから

でも
高校3年で初めて 真実人を想うと言うことを知りました
今までも 今も この先もずっと忘れ得ぬ人です

けれど私には愛情表現が分からなかった
どうしたら思いを伝えられるのか
どうしたら心から信頼し甘えられるのか


幼い頃から親に愛されたことが無く
愛情表現をされたことが無い私には
その方法が全く分からなかった


そんな状態のまま 卒業の日を迎えてしまいました
心を伝えることも無く このまま永遠に別れてしまうことが辛く
卒業式が終わったあとの校庭に 1人でかなりの時間佇んでました

すると  まるで映画の1場面 
登場人物のヒロインはダサイ女子高生ですが(/・ω・)/

ふっと背後に現れた人影  大好きな彼でした

彼と私の足元に前日の雨の名残の水溜りが有りました
校庭の泥で汚れた泥水の水溜りを 彼は見てた

そして 1人立ってた私に 何してるの?も何も無く
突然口を開いて 私に言いました
水たまりに溜まったドロ水はどんな味?」
さぁ ただの水の味じゃないの?」何気なく答えた私
そうかなぁ やっぱり泥臭いんじゃないの?」

言うなり彼は 即座にそこにあった水たまりから泥水をすくい
あっという間もなく 飲んでしまいました

そして 言いました
ごめん やっぱただの水の味だった

私のすべての固い殻が崩れだしたのは多分そのときからです
誰にも愛されず愛せず いつも心に鎧をまとってた私

どうしたら伝えられるか どうしたら愛せるか愛されるか
どうしたら心をすべてゆだねられるか・・・・

そんな「疑問」だけ胸に抱えてどうするんだ
彼を見ろ 疑問は即解決すべき方向へ持っていくじゃないか・・・

自分の舌で味わうこと 自分の目で見ること
自分の耳で聞くこと そうして
自分の心が求めていること


なにもかも 己の裁量でできうるんじゃないか

ちいさなささやかな泥水事件でしたが
20年以上たってもまだ ありありと浮かんでくるあの光景
1秒の迷いもなく泥水をすくって唇に運んだ彼

忘れ得ぬ 忘れてはならぬ そして忘れたくても忘れられない
それが私が初めて「他人」に心開き 
胸の中をさらけ出す第1歩目だったのです

この人とのその後は過去にも書いたはずですし
多分過去ログが残ってることと思いますから
もうこれ以上は書きませんが

今 私は 誰かのためにどろどろの水たまりの水を
果たして飲むことができるでしょうか


  山に 初雪降る頃に  帰らぬ人となった彼
  2度と笑わぬ 彼の顔
  2度と聞こえぬ 彼の声・・


小さな日記」という歌の1節でしたっけ
あの歌がずっと10年以上 聴けませんでした

卒業式が終わってすぐ 予想通りに彼に会うことはもう
決して無いこととなってしまいました



でも 私にとっての卒業式
校内でやった式典でも卒業証書授与でもなく
泥水を掌でスクッテ飲んだこと

これが 私の高校の卒業とともに
小さく縮こまって 殻だらけの中にいた私自身の卒業式
愛を知らない私への卒業式でもあったのです 

今でも思い出します
古いドロドロの校庭 佇む彼と私
彼の掌の泥水
そして私の中に刻まれて 2度とその先は成長しない彼の姿


あの時のまま止まって私の網膜に刻まれた彼の姿からは
私は果たしていつ 卒業できるのでしょうか


【ネタのタネ】

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
たくさんの恋愛をして、いまの御主人様にめぐり合ったわけですが、やはり、過去の恋愛と比べて今の方が一番良かったということなんでしょうか。
それとも、出会ったのが適齢期だったからでしょうか(笑
結婚とは不思議なものですね。
2008/03/27(木) 08:45 | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
たくさんの
恋愛はしていません

後にも先にもこれが唯一の恋愛かもしれません

この人が亡くなってから
それをずっと引きずって
引きずったままの私を
忘れなくて良いからと
丸ごと引き受けてくれたのが
今の主人です
2008/03/27(木) 13:03 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
akoさんにとって、その思い出は凄く心に残る思い出だったのでしょうね。

無理にその思い出から卒業されなくても良いんじゃないのかな~~?

akoさんにとって、大切な思い出として心の中で生きてたら良いですね。

でも、もし、その方が生きておられて、akoさんと結婚されてたら、どんな男性になってたのかな??
意外に、お腹の出た、禿げのおじさんになってたりしてね。
2008/03/27(木) 15:00 | URL | 14703 #j5VTixwA[ 編集]
14703さん
想い出の中では人がいつまでも
年をとらないですもんね

先に逝ってしまった人は
そういう意味ではするいかな・・・

卒業しないといつまでも
周りの人を傷つけるんじゃないか
最近そんなことも思うのです
2008/03/27(木) 15:25 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
akoさん、こんばんは。

人って、生きていく上で記憶が薄れていくことがとても多くて、
でもそんな中でいつまでも消えない想い出があって、
いつまでも光輝く人が心のど真ん中にあるってある意味すごいことだと思います。

いくつかの恋愛、というよりも恋愛もどきを何度かしてきましたが、
年齢を重ねてきて大切な人だったと思える人はそうはいないですよね。
私も居ますよ^^
その人がもう目の前に現れることがなくても
自分の身体の中に存在を感じる人が。

でも、丸ごと引き受けてくれたご主人も素敵だな~(゚ー゚*)
2008/03/27(木) 19:18 | URL | 如月 #Q9o2tpIk[ 編集]
私にはこんな思い出は無いので
恋の思い出があるakoさんがうらやましいですよ。
2008/03/27(木) 22:09 | URL | かりん #IpT9aHSo[ 編集]
どもども!
思い出ってのは美化されがちだけど、これは間違いなく美談っすね。
最初で最後の恋愛だったかも知れないけど、その人のお陰で今のakoさんがあると言っても過言じゃないのかも。
2008/03/28(金) 00:20 | URL | 猫バカ1番 #-[ 編集]
如月さん
心の真ん中にいる人は
消えてはくれないですね
とくに亡くなってしまった人は
いつまでも消えてくれません
ある意味卑怯だなぁ・・・なんて(笑)

旦那様はある種脳天気な人なので
助かってます
2008/03/28(金) 00:30 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
かりんさん
亡くしてしまった痛い思い出なので
あまり羨ましいものではないですよぉ(爆)
2008/03/28(金) 00:32 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
猫バカ1番さん
そうですね

その人がいたから
今の私がある

それだけは間違いないみたいです
2008/03/28(金) 00:33 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
こんにちは
akoさん・・・
如月さんの投稿を読んで思ったのだけど。

>いくつかの恋愛、というよりも恋愛もどきを何度かしてきましたが、
年齢を重ねてきて大切な人だったと思える人はそうはいないですよね。
私も居ますよ^^
その人がもう目の前に現れることがなくても
自分の身体の中に存在を感じる人が。


akoさんにとって、この思い出は悲しいものだったのでしょうが。
勿論、akoさんにとっては悲しい思い出だろうから、羨ましいとは言えないですが。
私には、そんな思い出もないのです。

「大切にしたい」と思うような思い出がないのです。
10代で一番最初に付き合った人と、なんとなく結婚して。
不幸ではなかったし、それなりに幸せなんです。
でも、「卒業出来ないと思う」様なそんな思い出がないの。

akoさんの言われるように、私、寂しいのかな。


2008/03/28(金) 16:57 | URL | 14703 #-[ 編集]
14703さん
寂しいのか

それとも今ある幸せに
気付いてないからだけなのかもしれません

思い出したくない
記憶の底に封じ込めたい思い出は
無いほうが幸せなことがいっぱいあって・・

経験って あったほうがいいものと
しないですむならしないほうがいい経験と
両方あると思うんです

しないまま 一生知らないままのほうが
幸せなこともあると思う

もっと先の楽しいこと
楽しい経験を目指すほうが
ずっといい人生になるんじゃないかなぁ

ふと そんな風に思いました
2008/03/28(金) 17:22 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akomazyo.blog78.fc2.com/tb.php/805-ae79cfe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。