その場その場で思ったことを綴ったお馬鹿なエッセイ  自分のこと・犬のこと・HP作成関連・それに簡単お料理レシピ・映画・音楽・CD・DVDその他美容や健康に関する事・自作の詩など・・
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月は別れの季節

別れについてと言うコラブさんのお題があったが
まだ母や兄とのお別れについては 心の整理がつかず書けない

なので 犬とのお別れについて
それもこの間亡くなったばかりの子についてはまだ書けない
もっともっと前の こないだ亡くなったミィークの
母親のベルについてなら 書けるだろうか?




ベルは 私にたくさんのことを教えてくれた
ただひたすら 無償の愛を注ぐこと
言葉にできなくても 思いを込めれば
心は必ず伝わること・・・・
貴方は私の事だけ思い続け 私にだけ心寄せ続け
そんな貴方の心がなぜか私には伝わったもの・・

生きている物は全て
愛する物無しでは生きられないこと・・
貴方は私だけを愛し 私無しでは生きる気力がなかったもんね

たかが6年半の年月だった たった6歳半の生涯 
されど6年半もの年月

6年半  ずっとずっとずっと
ずっと私の傍らにいつもベルは居た

どんなときも
私だけを見ていた
私だけしか見なかった
私しか愛さない 他の誰にもなつかない 正真正銘「私だけの」犬だった
ある意味では嫌われ者の 他の人には可愛げの無い子だった
誰を見ても唸って あるいは逃げて 他の人は寄せ付けなかった

生まれたときから怯えて怯えて どんな生まれ方育ち方をしたのか
誰にも心開かず ただ私にだけはいつも抱かれたがった

私と離れるときは
振り返り 振り返り  振り返りいつまでもいつまでも 
ただひたすら 見つめ続けていた

貴方の居たはずの空間

ぽっかりあいた 空間
今にも顔を出しそうな いつもの通り道

この年まで生きて
ここまでひたすら私1人見つめ
ここまでひたすら私だけを一筋に愛したものが
ほかのどこにいただろうか ただただ私だけを信じていた

信じてくれていたのに ごめんね

その ぽっかりあいた空間を見つめ
泣いて 泣いて 泣いて
もう涙はないと思うのにまだ涙が出て

そうやって泣く私を見ると
いつもスっと側に寄ってきて
どうしたの?わたしはここよ 側にいるよ
じっと私を見上げた貴方が
いまは

泣いて 泣いて 泣き続けても
もう   現れない
今は  もう見上げない
もう寄り添ってこない

それが又哀しくて
泣いて・・・泣いて・・・・

死ぬ前の犬が(人間もか・・・
あんなに水を飲むことを知らなかった
死に水」をとるというけど
本当に死ぬ前には水がうんと飲みたいんだそうな

思い切り水を飲んで
のんだとたんばたんと横になって寝て・・・
そうしてそのまま帰らなかった

もし 水をあげなかったっら・・・・?
そしたらまだ・・・・・・??


死ぬ前の日医者につれていって注射をしてもらい
単に下痢だけと信じてた
薬をもらって来たのは息子だった

弱った体にはそれが強すぎて心臓に来た

結局僕が殺したのかなぁ
その後ある日 初めて息子がそうつぶやいた・・・
なにいってんのよ
それをいったらもっとさかのぼって
あんな虚弱児に子供生ませたこと自体が間違いで
それをいうなら殺したのは私じゃないか

そう 息子に答えながら

そうか・・・ノー天気息子も傷ついて
そして後悔をしてて


そんな息子の傷にも気づかず
自分だけの悲しさに浸っていた自分に 
また   自己嫌悪

たかが犬と人はいう

そうかもしれない

その たかが犬を死なせてしまっただけで
どれほど子供たちも傷つき
自分なりの後悔にさいなまれていたか

ならば・・・・・
人を殺してしまったなら
どれほどの思いに押しつぶされるのだろう

平気で人を殺す輩があちこちにいる
かれらにとってにんげんも
たかが他人・・・・なんだろうか


遺影を飾り花をさし 形見の首輪
そして毎日餌と水を供え線香をたき

けどそのくらいならなぜもっと
生きてる間に優しくできなかったのか
もっと相手をしてあげなかったのか


下痢が続くからと 食事を制限した
蜜柑が大好きだった
けど 下痢がひどくなるからと絶対あげなかった

娘がどこからか蜜柑をもらってきて
遺影の前に供えていた

どうせ死ぬなら まさか死ぬなんて思ってもいなかったけど

どうせ死ぬなら大好きなものをいっぱい食べさせればよかった
多少死期が早まったって
大好きな蜜柑を腹一杯食べさせてあげればよかった

食べてもどんどん直通で下痢するから
いつもおなかをすかせてた
そうして

飢えたまま 逝ってしまった

せめて満腹で死なせてあげていたら・・・・

家族の皆が様々な後悔にさいなまれながら
思いは行きつ戻りつ 定まらない

一緒に暮らしていた娘の犬が
日々 どんどん元気がなくなる
母親の匂いがする場所でばかり寝る
でもその匂いも日々どんどん消えていく
それに比例するかのように
やんちゃ娘の元気もどんどん消えていく

この犬もしゃべれたなら
もっとお母さんを大事にすればよかった
そんな後悔にさいなまれてるんだろうか

たかが犬
そんな高尚なもんかい
  人はそういう

そうかもしれない  確かに
でも

そうでないかもしれない

思いはとどまることなく
振り子のように 揺れ動く

いきつ  もどりつ・・・

ただひとつだけ 間違いなく言えること
それは ありがとう

ありがとう
私の幸せな6年半
ひたすら愛されることの喜びをくれた6年半

この涙の全てが流れ去ったとき
きっとまたあなたは
どこかで私と  すれ違ってくれるよね

どこかできっとまた
私だけを愛してくれるよね

どこかでずっと ずっとずっとずっと
私を見つめ続けてくれるよね


もう1度また 私を信じて くれるよね?



【ネタのタネ】
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どもども!
ダメ!!!涙腺が弱いんで、涙ぐんでしまいました。。。
犬や猫を飼ってない人って、平気で「たかが犬・たかが猫」って言いますけど、やっぱり私達にとっては掛替えの無い存在であり、心の支えになる事だってあるんですよね。
ベルちゃんだって大好きなakoさんに見守られながらの最後だった訳だし、6年半って生涯だったかも知れないけど満足だったと思いますよ!!!
2008/03/19(水) 22:25 | URL | 猫バカ1番 #-[ 編集]
猫バカ1番さん
たかが犬 たかが猫
だけど違うんですよね
書いてて私も又泣いちゃいました
馬鹿みたいですね
なら書かなきゃいいのに
でも 書いておきたかった
残しておきたかった

満足してくれてるでしょうか
ずっとずっとそれが気がかりで・・
2008/03/19(水) 23:34 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
今年、実家の犬を亡くしたので
途中で読めなくなりそうになりました。

Qを大事に暮らしたいと思います。
2008/03/20(木) 00:25 | URL | かりん #IpT9aHSo[ 編集]
かりんさん
うん

大事に 大事に
仲良く暮らしてくださいね

私みたいに揺れて揺れて
後悔なんかしないよう・・・
2008/03/20(木) 02:08 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
私もね、前のワンコが逝ってしまった後に、色んな後悔の念に苛まれました。

これで良かったんだろうか?
ああすれば良かったんだろうか?
私は本当にあの子からの信頼に応えられていたのだろうか?
云々・・・・。色々考えました。
食事はまともにとれなくなりいつ寝ていつ起きているかも分らない時でした。当時は亡き娘がまだ入院中でしたので乱れに乱れました。しっかりペットロスでした。

その時に、涙を流してくれた獣医師から言われました。

「如月さんだけが唯一で、そこに絶対的な信頼をおいてくれるのが愛犬です。貴女がしてくれたことにもまた絶対的な信頼をおいてくれています。それを悔やむことを愛犬は喜びますか?」
と言われました。

akoさん、こうして何年経とうがいつも思い出してもらっているベルちゃんは喜んくれていますよ^^ とっても幸せな子ですよ^^
私ももう15年以上になっても前の子のことは何年経っても可愛いですもの^^

このベルちゃんの写真はakoさんが撮ったのでしょう?
ベルちゃんの目がとっても優しい目でakoさんを見ているんだなって思いましたよ^^
2008/03/20(木) 08:30 | URL | 如月 #Q9o2tpIk[ 編集]
おはようございます。

akoさん、私のワンちゃんもシェルティーです。

きっと、きっと幸せだったと思うよ。
ベルちゃん、akoさんにこんなに想って貰って。

犬は寿命が人間よりはるかに短いから・・・
絶対に、私達より先に天国にいっちゃうんだよね。

せめて満腹で死なせてあげていたら・・・・

きっと、akoさんが、満腹にさせてあげてて、別の意味で後悔してたのかも・・
お腹が痛いだろうのに、こんなに食べさせなきゃ良かったって・・そう後悔してるのかも知れないよ。

私は絶対に、ベルちゃんは幸せだったと思う。

2008/03/20(木) 09:21 | URL | 14703 #j5VTixwA[ 編集]
如月さん
他の子のときもそれぞれ
様々な後悔はしましたが
ベルは特別で・・

未熟児でペット病院の片隅でうずくまって
誰も信じない表情でガタガタ震えてた子です
その子を引き取って
子供まで産ませて
その結果の短命でした

どうしても無理をさせたと言う思いが抜けなくて・・

私のことしか観ず
私のことだけはやさしい目で見た子でしたから。。。
2008/03/20(木) 13:07 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
14703さん
同じ犬種なんですね

ベルは未熟児で5kありませんでした

だから色んな無理をさせたと言う後悔が
今も抜けないのかもしれません

そうですね
食べさせたら食べさせたで 後悔したんでしょうね

幸せだったよと
いつかすれ違ったら意って欲しい

そんな夢を見てます
2008/03/20(木) 13:11 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
おはようございます。
akoさんへ

「虹の橋と雨降り地区」ってakoさん知っているかな?

ある開業獣医師のブログです。e-30
http://blogs.yahoo.co.jp/shibababa/7591371.html
2008/03/21(金) 08:47 | URL | 如月 #Q9o2tpIk[ 編集]
如月さん
この詩は知ってましたが
(前にどこかで見ました)
でもこのブログは初めて知りました

お気に入りに入れておきました
ありがとう
2008/03/21(金) 15:34 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akomazyo.blog78.fc2.com/tb.php/783-809a90da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。