その場その場で思ったことを綴ったお馬鹿なエッセイ  自分のこと・犬のこと・HP作成関連・それに簡単お料理レシピ・映画・音楽・CD・DVDその他美容や健康に関する事・自作の詩など・・
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう ずっとずっとずっと 前
深夜に息子がビショビショで帰ってきた

最寄り駅から電話をかけてきたとき
自転車で帰ると言うから
「傘持ってるの?」
「うん」

なのに ずぶぬれで帰ってきた

「傘は?」
「ずぶぬれの傘のない人が居たから貸した」
(貸したんじゃなく それは あげちゃったんだろが まぁいいか。。)

あのねぇ その人もずぶぬれだろうけど
お前だって ずぶぬれやぁん

「だって 僕は帰ってすぐ風呂へ入れるから」

あのなぁ・・
その人だって帰ってすぐ風呂へ・・
ま・・・ いいかぁ


深夜遅く帰ってきたこと
連絡が かなり遅くなってから来たこと

怒りました 当然

昨今の日本が わけのわからん
理解できない事件がやたら起きていて

そんな時期に 深夜まで連絡無しで子供が帰らなかったら
どれだけ心配するか どれだけ探し回るか

怒ったし 胃の痛む思いを訴えたし

そこへ 「傘 あげました」
「びしょぬれで可哀想で・・・」

これは・・・
怒れません
文句も言えません
お前なぁ 傘だって無料じゃねーんだぞ
・・・なぁんて
思っても(おいっ) 言いません

そかぁ その人は助かったねぇ
早く お風呂入って 風邪ひかないよう寝るんだよぉ


息子が寝た後  ふと 思いました
思ってしまいました

深夜の駅
傘を差した男の子
「ど-ぞー」 傘を差し出す

「え? だって 君は?」
「私はありがたいけど 君だって濡れるでしょう?」

そんな想像
そうして
「ありがとうね」
「君の気持ちはすごく嬉しい」
「でも 君も濡れちゃうんだから」
「気持ちだけありがたく貰うね」

あたしの中の 想像
あたしの中の実際怒り得る現象

でも・・

それはなにもなかったらしい

「あ ありがとう」
傘を貰った(借りた?)人はそのまま 当たり前のように走り去る
それが 現実


それが これから
この息子達が生き抜いてゆく 現実の社会


ねじくれたメビウスの輪は
それでも ちゃんと 輪になって繋がってはいるけれど


もう ねじれた輪すら ここにはないのだろうか


この子達は  どこに行くのだろう

私たちは  どこに 連れていこうとするのだろう


傘をさして帰った人の心に
その傘はずっと さされ続けるのだろうか・・


雨が上がると同時に
全ては  消え去ってしまうのだろうか


なにもわからないまま

それでも私はやっぱり
「その人は 濡れなくて良かったねぇ」

きっとそうしか言わない

言えない


そんな  我が家の

雨の 物語・・・


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どもども!
なんか…、素敵な感性のお坊ちゃまをお持ちなんですね。
自分が濡れる事を意に介さず、困ってる人?を助けたいだなんてのは素晴らしい事っすよ!!
むしろ、傘をもらった人の方に問題ありって気がしなくもないけど…w
2008/03/10(月) 10:27 | URL | 猫バカ1番 #-[ 編集]
猫バカ1番さま
お坊ちゃま・・・って

クソガキです(笑)

我が家はみんなワリトそういう感性ですね

自分がぬれることにも構わずってより
気付かず・・・・ですね(爆)
相当にバカなんです みんな

少なくとも世の中を美味く渡っていける人種ではないですね
残念
2008/03/10(月) 10:39 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
素敵な息子さんですねv-22
akoさんの優しい心がちゃんとお子さんたちへと。

きっと、倍になって
息子さんのもとにありがとうが戻ってきますよv-22
2008/03/10(月) 20:49 | URL | かりん #IpT9aHSo[ 編集]
かりんさん
昔の話でして
今はただのアホで(爆)

ま 優しいのだけがとりえの子なんで
しょうがないかなぁ・・と
2008/03/10(月) 23:00 | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akomazyo.blog78.fc2.com/tb.php/743-ac28a54b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。