その場その場で思ったことを綴ったお馬鹿なエッセイ  自分のこと・犬のこと・HP作成関連・それに簡単お料理レシピ・映画・音楽・CD・DVDその他美容や健康に関する事・自作の詩など・・
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全国の介護職の求人情報を掲載。
介護職への転職や就職をお手伝いする、
介護業界への転職・就職希望者募集サイト介護アシストをご存知ですか?

介護福祉士 求人を行っているサイトです。
介護福祉士のお仕事情報が満載です。

介護アシストでは、本当に多くの様々な介護関係の求人を行っています。
それだけ多くの需要があるということですが、就職者はなかなか居ないのが現状です。

介護福祉士の資格は介護の職に3年就いた後に取得できますが、
ともかく大変なお仕事です。
高齢社会となりお年寄りが増える一方で、若者の数は年々減少しています。
軽い要支援の方なら、買い物のお手伝いや簡単な運動のお手伝いなどで済みますが、
重度の要支援の方になると、着替え・排泄・食事などの生活全般から、
入浴などの介護も必要で、これはとても時間も体力も必要とする物です。

訪問介護ステーションなどで「サービス提供責任者」という職に就くことも出来ますが、
書類作成などを作成するケアマネはそれだけなら少しは楽でしょうが、
現状では介護の実務と兼任している方が殆どです。

なぜかといえば、就職者が少ない上に離職者の数が多いからです。
まず第一の原因は体力の限界まで働かねばならないということ。
そして何より、そんな大変な仕事なのに低賃金だということです。

私が身を持ってそれを知っているのは、私の息子が介護福祉士だからです。
早番・遅番・日勤・夜勤と、時間がとても不規則な上に人手不足で、
いつも帰ってくると倒れこむように転がってしまい、
本当に文字通り泥のように眠っています。

飛び起きて仕事に行き、帰ってくると倒れこむ。
ひたすらそんな毎日の繰り返しです。
しかも手にする給料は微々たる物。

それでもやめられないのは、お手伝いをしている要介護の人が沢山居て、
自分がやめたらその人達が困るということ。
せめて少しでも介護する側の人間が数多かったら、
一人ひとりの実務が少しは軽減されますが、
息子の話に寄れば、人が入ってきたと思ったらすぐにやめていくとのこと。
ですから一人で介護しなければならない人数割り当てがどんどん増えるのです。

きつい汚い厳しい安いお仕事ですが、
自分の必要性を感じている責任感の強い人達は、
そんな厳しい現実の中で必死に戦っています。

サービス提供責任者 求人する側は、
もう少し、いやもっともっと、その点を考慮すべきだと私はいつも思います。
国の福祉への支援が少なすぎるのではないでしょうか。
介護福祉士として頑張っている人達の給与は安すぎます。
もっと国が負担しなければ離職率はますます高まるでしょう。
そして頑張って残っている人達への負担がますます重くなる。

介護アシストを一度覗いてみてください。
どれほど求人が多いか。
いかに今、介護福祉士が必要とされているか。
本当に考えてみてください。

就職・転職される方が増えれば、待遇も少しずつ変わってくるのではないでしょうか。
いや、変わるべきであると思います。

今も寝る時間を削って必死で頑張っている息子やその回りの人を思うたび、
サービス提供責任者 求人の改善を願わずに居られません。

自分もいずれは介護される側の身になるということ、
今一度シッカリ考えて頂けたらと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akomazyo.blog78.fc2.com/tb.php/1168-cce9a007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。